主婦がキャッシングするときに知っておきたいこと

主婦がキャッシングをするときに知っておきたい事

キャッシングといえば男性がするもの、そんなイメージがありましたが、
最近ではキャッシングをする女性、特に主婦がキャッシングをするのも珍しくなくなってきています。

 

主婦がキャッシングをする目的は様々ですが、
いずれにせよ、収入が比較的多い男性と比べると、
パートなど収入が少ない主婦は利用できるキャッシング会社も限られてきます。

 

今回は「主婦がキャッシングするときに知っておきたいこと」をテーマに、
主婦のキャッシングの方法や目的などをお話ししていきましょう。

総量規制

まず、主婦がキャッシングをするときに知っておきたい事の一つに「総量規制」があります。

 

2010年に行われた貸金業法の改正で「総量規制」という法律が導入されました。
この総量規制の導入で「貸金業者からのお金の借り入れは年収の3分の1まで」
と定められてしまったのです。

 

この「3分の1」と言うのは、一つの貸金業者から借りる上限金額ではなく、
個人の借入額全体が収入の3分の1までと言う事なのです。

 

簡単に言うと、年収が300万であれば、
全部で100万円までしかお金を借りる事が出来ない、と言う事です。
しかし、これには銀行のローンは含まれません。銀行は貸金業者ではないので、
貸金業法は適用されないのです。
ですから、銀行のローンであれば、収入の3分の1を超える金額の借り入れも可能です。

 

と言う事は、パートのように収入の少ない主婦がキャッシングしようと思っても
ほとんど借りられないんじゃないの?と心配になりますよね。

 

でも大丈夫です。パートやアルバイトの主婦の方でもキャッシングをする方法はあります。

主婦がキャッシングする方法

主婦がキャッシングする方法の一つが先ほどお話しした「銀行のローン」を利用する方法です。
銀行のカードローンなら総量規制にかかりませんから、
専業主婦やパートなどの主婦の方でもお金を借りる事ができます。
たとえば新生銀行のカードローンであるレイクなどもその1つ。
パートなどで収入のある主婦の方はもちろん、収入のない専業主婦の方でも
配偶者(夫)に安定した収入がある場合には
新生銀行のカードローンレイクでお金を借りることができる可能性は十分にあります。

 

銀行のローン以外に、もう一つ、主婦がキャッシングする方法があります。
それは「配偶者貸付」と言う制度を利用する方法です。

 

「配偶者貸付」とは、配偶者(夫)の収入と自分(妻)の収入を合計した金額の
3分の1までお金を借りる事ができる、と言うものです。
これなら主婦がキャッシングできる金額もかなりアップするのでとても助かる方法なのですし、
総量規制が適用される消費者金融などの貸金業者からお金を借りる事も可能になります。

 

しかし、配偶者貸付を利用する際には、
必ず配偶者の同意書と配偶者の収入証明書が必要になってきます。
夫に内緒でキャッシングをしたい・・と思っている主婦の方が
利用するのは少し難しいかもしれませんね。

 

さらに、配偶者貸付を行っている金融機関は意外と少ないのです。
アコム、プロミス、アイフル、モビットなど大手の消費者金融であれば配偶者貸付を行っていますが、
各サービスそれぞれに付加条件(妻にも安定した収入があること、など)を設けている場合があるので、
念のため事前に確認をしておいたほうがいいでしょう。
この場合の安定して収入とはパートなどの収入も含む場合が多いので安心してください。

 

また、収入のない専業主婦の方でも
配偶者貸付の制度を利用すればお金を借りることは可能です。
クレジットカードのセディナのキャッシングなら、専業主婦の方でも
配偶者貸付でお金を借りることができます。消費者金融のレディースフタバ、
ベルーナノーティスも専業主婦の配偶者貸付の取り扱いがあります。
(審査の結果によっては希望に添えない場合があります。)

 

夫に内緒でお金を借りたいとき

ところで、先程も少し触れましたが、主婦がキャッシングをする場合、
夫に内緒でお金を借りたい、と言うケースが多く見られます。
考えてみたら当たり前ですよね、
夫に言えるようなお金なら、夫からお金を貰えばいいのですから。
夫に言えないからこそキャッシングを利用する、といったケースは珍しくない事です。

 

どんな場合に夫に内緒でお金が必要になるのでしょうか。
子供を持つ母親なら、子供にできる限りの事をしてあげたいと思いますよね。
習い事だって子供がやりたいと言えば、やらせてあげたくなるのは当然でしょう。
しかし、子供の習い事の同意を夫に得られなかったとしたら・・?
また、急なお祝い事や主婦同士の付き合いがかさんで生活費が足りなくなったとしたら・・?
主婦だって娯楽も必要です。滅多に手に入らない
限定品を見つけた時に手持ちのお金がなかったとしたら・・?

 

主婦がキャッシングをする理由は様々ですが、
共通して言える事は、それが「夫に内緒のお金」だと言う事です。

 

でも、果たして夫に内緒でキャッシングができるものなのでしょうか?

 

大丈夫です、ご主人に内緒でお金を借りる方法はあります。

 

先ほどお話しした配偶者貸付はご主人の同意が必要になってきますので、こちらは利用できません。
ですから残るは銀行のカードローンを利用する方法です。

 

銀行のカードローンなら総量規制にかかりませんので、
パートの主婦でもお金を借りる事が可能なのです。
インターネットから申し込みをすれば、誰にも会わずにお金を借りる事ができますし、
カードローン用のカードも店舗や無人契約機に取りに行けば、
自宅に郵送されてしまう事はありません。
またカードを郵便局止めで送付してもらうことも可能です。
これなら夫に内緒でお金を借りることができますよね。

 

一つだけ注意をしておかなければならない事があるのですが、
それは返済の滞りは絶対にしない、と言う事です。
返済の遅延が発生すると、必ず自宅に督促状が郵便で届きます。
この郵便物をご主人に見られてしまっては大変です。
返済の遅延だけは、絶対にしないように注意をしてください。

 

以上、「主婦がキャッシングするときに知っておきたいこと」の話はいかがだったでしょうか?
参考になりましたか?
いずれにせよ、家計を預かる主婦のキャッシングは計画的に利用することが大切です。