返済を早くスムーズに済ませてしまうために

借入金の返済

キャッシングやカードローンでの融資をうけて、
無事に借入金を受け取りすることが出来たら、
後は、借入したお金の返済を確実に行うことを忘れてはいけません。

返済忘れの心配がない口座引き落とし

キャッシング契約時に、まえもって借入金の返済方法を
返済期日に給与振込み指定口座からの引き落としにしておけば、
返済忘れの心配がなくとても便利で手間がかからないというメリットがあります。

 

しかしデメリットとして忘れてはいけないのが、この指定した口座に、
返済金と同額もしくはそれ以上の金額のお金の残高がなければ
返済金の引き落としに失敗してしまうという恐れがあります。

 

返済金の引き落としに失敗したことに気が付くのが遅れ、
信用情報に事故記録として残れば、
以降のお金の借り入れに大きな支障をきたすこともあります。

 

クレジットカードの支払いや、家賃、光熱費、公共料金の支払いを
銀行口座から毎月引き落とししている場合、
口座の残高がいくらあるのか、
確実に返済期日にキャッシングの返済金の引き落としができる
金額のお金があるか、確認しておく必要があります。

自由度が高い提携ATMでの返済

当たり前の話ですが、キャッシングやカードローンで借り入れたお金には
日ごとに利息が発生していますから、
利息を減らすためになるべく短期間の返済を心がけることが基本です。

 

借入金の返済は毎月決められた日に指定口座から返済を行う場合と、
提携ATMを利用して返済を行う場合があります。

 

それぞれにメリットデメリットがあり、一概にどちらがいいとはいいにくいのですが、
提携ATMでの返済が可能であれば、
給料日に給与が振り込まれる、あるいは賞与が口座に振り込まれるのを待つことなく、
何らかの形で臨時収入として現金が出来た時に、
直ぐに提携ATMから返済ができるというメリットがあります。

 

いずれの場合でも、利息の負担を減らすためにも、
早期に完済することを念頭に、
確実な現金収入のある給料日などの期日を中心として
余裕を持った返済計画を実行するようにしましょう。

 

急ぎのお金の悩みにきっと役に立つ【最短即日借入可能キャシング一覧】